話題は戻り HALEKI’I & PIHANA HEIAU

ALOHAIMUA JAPAN

MAUIではだんだんMAUI時間になり、夜も12時を過ぎるとまぶたがかなり重くなりPCの前に座ると睡魔が。。朝も早いですし。。。。目一杯動き回るので。。。。。
そして日本に帰り、今度は時差で夜も10時を過ぎるとカウチでうたた寝。。。。と言うわけでUPを滞ってしまいました。お待たせいたしましてすいませんでした。

途中でUPしきれなかったハレキイ&ピハナ ヘイアウについてUPいたします。ヘイアウとは日本のお寺、神社的神聖なところだそうです。

相変わらずヘイアウのパワーの強いところは写真を避けているので、ヘイアウ自体の全景写真はありません。

このヘイアウはまったく整備されていない感じでブッシュで覆われていて、歴史的な聖地なのに残念な感じでした。
帰りに降りてきた入り口のお家の人に聞いてみたらもう少しすると少しだけらしいのですが整備に来る方たちが来るそうです。少しホッとしました。
入り口は高台の下の方で、鉄のゲートが閉じられております。
そして少し坂をあがっていくとヘイアウの入り口があります。そこでOLIをして、許しを得て入ってゆきます。
画像
画像


ここハレキイ&ピハナヘイアウはカフルイ湾全体を見ることの出来る高台にあります。戦いの神クーなどのご神体が祭られていました。
戦いの時に敵が攻めてくる様子が一望できるようにすべてを見渡せるように立てられたようです。カフルイ湾から攻め入ってくるカメハメハ軍を見張るはずだったようですが。。。イアオの戦いでカヘキリは敗れてしまいました。

画像


また少しあがると、マウイ島の成り立ちがありました。ここからは案内板を撮った写真なのでかなり見えにくいです。。。
こんな風に島になり分かれていたんですねーそうだ!函館も函館山と渡島半島は離れていて陸繋島だったの繫がり今の形になったそうです。
画像
画像


このヘイアウは生贄がささげられたそうで、ルアキニタイプのヘイアウなんですね。
石垣しか残っていませんがお部屋がいくつにも分かれているのがはっきりとわかりました。
神々のKi'i(御神体)が沢山祭られていたようです。皆さんの知っているTikiですよ。だからHALEKI’I キイの家なんだーなるほどねー
画像
画像


これがへイアウ全体の想像図です。高台全体をヘイアウで形成しています。向かって左側のさらに小さな高台になっているのがピハナヘイアウで、手前がハレキイヘイアウです。

画像


ヘイアウから見渡せるワイルクにはタロの水田がたくさんあったんですねー非常に見にくいですが。
画像


そしてさらにブッシュを掻き分けあがってゆくと、ピハナヘイアウの目印です。
画像
画像


ここでもお祈りをして、ヘイアウを出る時もOLIをしてお礼を言って後にしました。

歴史的な案内板も写真で見にくい通り表面はひび割れ、整備されていない状態で残念でした。

カメハメハ1世は、カヘキリ王のマウイ軍との勝利の後、このヘイアウでマウイ島で最後の人身を戦いの神クーに捧げたという事です。そんな神聖な場所なのに、是非整備をして守り続けてほしいです。

ヘイアウに入る時出る時はお祈りをして入ってください。ハワイの先人達の許しと尊敬の念を忘れないで☆
ケアラニ的には写真を撮るときも許可をしていただいてほしいわー神聖なスポットです。

まだまだ続くマウイ島滞在記ですーーーーー♪







この記事へのコメント

ゆり吉
2011年09月08日 11:34
その土地の歴史や文化に触れると、益々そこが好きになるし
印象に残りますよね。
ケアラニさんの向学心はぜひマネしなくっちゃ。
kealani
2011年09月08日 20:18
そうですねー歴史的な背景も是非、理解して
ハワイを楽しんでいただけると
益々、興味が深くなり、行きたい所が増えますねー
生涯学べですねー
いくら時間があっても足りないです。

この記事へのトラックバック